【2024年5月版】楽天経済圏はどこまで入るべき?〈年間10万ポイントは誰でも可能〉

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

しんすま

『これすごくない?』
を伝えたい人
【伝えたい情報💻】
・格安SIMの提案
・お得なスマホ、PC選び
・生成AIの活用方法
・おすすめアイテムの紹介
・楽天経済圏での過ごし方
(楽天ポイント累計140万)
※たまに愚痴も書く

こんにちはしんすまです。

僕のことについては上のプロフィールを見てくれたら嬉しいです。

その中のひとつとしてみなさんにおススメしているのが楽天経済圏の活用です。

楽天経済圏とは、楽天グループが提供する様々なサービスを利用することで、楽天ポイントを効率的に貯めたり、運用したりできる仕組みです。

楽天ではSPUという利用に応じたポイント還元率がアップする仕組みがあります。

(SPU=スーパーポイントアッププログラムの略)

僕は2013年から楽天経済圏にどっぷり入り、

多い時で年間約30万ポイント、累計では140万ポイント獲得している

『楽天経済圏の住人』です。

そしてありがたいことにあの価格.comマガジン様から取材の話も頂き、無事に公開されていますのでそちらを読んでいただけたら嬉しいです。

👇👇これです

ご紹介頂いた記事はこちら

〈今までの累計獲得ポイント〉

 

楽天経済圏は楽天モバイルによる赤字による改悪が続いていますがそれでもまだまだ利用するメリットはあると考えていて

2022年の年間獲得ポイントは約17万ポイント

今から楽天経済圏に入る人であっても年間10万ポイントぐらいなら割と簡単に獲得できると考えています。

そこで今回は2024年5月時点の

『年間10万ポイントを獲得できる楽天サービスの使い方』

について説明していきたいと思います。



この記事はこんな方におすすめ

  • 楽天経済圏について興味がある人
  • 楽天ポイントって実際どれだけ貯まるの?と思っている人
  • 楽天経済圏の具体的な使い方を知りたい人
日々条件変わるので最新情報を追うのが大事です

楽天経済圏では必須アイテムの”楽天カード”を申し込む +3倍

まず絶対にやってもらいたいのが

楽天カードを作ることです。

年会費無料で常時1%の還元が受けられるのは得でしかないです。

楽天カードを使って楽天市場で買い物するだけでポイントが+3倍になります。

内訳

・楽天会員+1倍 

・楽天カード利用分+1倍 

・楽天カード特典分+1倍

ちなみに楽天カードの上位版である楽天プレミアムカードを利用することでさらに+2倍になりますが、

年会費が11,000円掛かるので年間50万円以上楽天市場で買い物しないと元が取れません。

もし年間50万円以上楽天市場でお買い物をするという方であれば楽天プレミアムカードもアリです。

無理して余計なものを買ってしまっては本末転倒なので通常の楽天カードで十分です。

 

この時点でSPUは+3倍です

急ぎじゃない買い物は楽天市場でする

普段の買い物で生活必需品ってありますよね?

トイレットペーパーや洗剤、お子さんがいらっしゃる方であればオムツなど、

こういったものは急ぎで必要にならないように計画して楽天市場で買うようにしましょう。

そして楽天市場で買う時は毎月開催される

楽天マラソン楽天スーパーセール

を必ず利用しましょう。

”楽天スーパーセール”や”お買い物マラソン”を利用して最大+9倍を狙う

楽天市場で買い物するに当たって必ず利用すべきなのは

年に4回開催(3月、6月、9月、12月)される”楽天スーパーセール”です。

楽天スーパーセール期間は半額商品や割引き商品が目白押しになり、さらに1000円以上の商品を購入するごとに最大+9倍になる

”ショップ買い回り”がめちゃくちゃお得です。(ポイント上限あり)

とはいえ10店舗も買うものが無いと言う人がいますがそれは工夫次第です。

すぐに必要のないものはスーパーセールに合わせて残しておいて必ず10店舗買いまわれる準備をしておくのがコツです。

それでも「3ヵ月に1回は少なすぎるので待てない」と言う方は半額商品や割引き商品といったお得商品は少なくなるものの

買い回りキャンペーンは適用される”お買い物マラソン”で購入しましょう。

年に4回のスーパーセールに対して”お買い物マラソン”は月に2回開催されることも多いので、頻繁にアプリをチェックして購入する日を狙い撃ちしましょう!

ちゃんと条件を満たせば下の画像のように10倍以上は簡単に達成できます。

5と0のつく日で買い物をする

楽天スーパーセールやお買い物マラソンでの購入時に忘れてならないのが

5と0のつく日で買いものすることです。

なんと5と0のつく日で買いものするだけで獲得ポイントが+1倍になります。

引用元:楽天市場公式サイト

楽天スーパーセールはだいたい1週間程開催されるので少なくとも1日や多い時では2日間は5と0のつく日が来るので

買物はこの日だけでするようにしましょう。

あとスーパーセールやマラソン、5と0のつく日などのキャンペーンはエントリーが必須なので忘れずに!

引用元:楽天市場公式サイト

※買い物した後でも対象期間中にエントリーすれば間に合います。

買い回りと5と0のつく日合わせて+13倍になります

楽天銀行と楽天証券口座の開設でSPUと普通預金利率を上げる 最大+0.5倍

楽天カードの引き落とし先は楽天銀行で行いましょう。

これで+0.3倍になります。

さらに給与、賞与口座に設定することで+0.2倍で合計最大0.5倍になります。

ちなみに楽天銀行はネット銀行の一種で手続きがオンラインで完結するのでめちゃくちゃ便利です。

手続きが便利になってポイントも貯まる銀行口座は他にありません。

ネット銀行は便利ですよ♪

楽天証券でポイント投資でつみたてNISAをして資産運用しながらポイントを貯める+0.5倍

2024年からつみたてNISAが新制度に変わります。

正直やらない手はないと思っているので、楽天経済圏に入ったついでに楽天証券でつみたてNISAを始めてみるのもおすすめします。

楽天証券でつみたてNISAをする場合は楽天ポイントコースの設定を必ずやってください。これをしておくことで1ポイントでも使用すれば+0.5倍になります。

詳しくはこちら

ちなみに僕は2021年から楽天証券でつみたてNISAをやっています。経過報告しているので興味のある方は見てみてください

楽天証券でつみたてNISA3年やってみたらちゃんと増えてた話

続きを見る

楽天証券のつみたてNISAは楽天カードで支払うことでポイント還元(0.2~1.0%)されます。

つみたてしながらポイントも獲得できるので非常にお得です。

ここまでで+14倍

繋がる人であれば楽天モバイルは絶対入るべき +4倍

楽天モバイルは繋がるエリアにお住まいの人であれば必ず入った方がいいと思います。

それだけで+4倍です。

最低利用料金は980円(税込み1,078円)なので月に25,000円くらい楽天市場で買い物すればそれだけで元が取れます。

つまり先程紹介したスーパーセールや買い回りは自ずと利用することになるのでスマホ代はほぼタダになると思ってもいいでしょう。

それぐらいお得です。

👇の記事では2024年5月時点の楽天モバイルのおすすめキャンペーンを紹介しています。

特に従業員紹介キャンペーンが激アツです。

月に3GB以内でおさまる人であれば実質1年間無料と思ってもらっていいです。

楽天モバイルに入った人は+18倍

スマホ料金は最低でも月3,000円以下が当たり前の時代

楽天モバイルは激推ししているんですが

もし楽天モバイルのエリア外、もしくは通信品質が不安という方は

個人的にはIIJmioをお勧めします。

IIJmioはドコモとauから回線が選ぶことが出来る上に、

利用料金も最安プランであれば楽天モバイルより安いです。

そのうえ端末セットがかなりお得なので、楽天モバイルはエリア的に無理そう、スマホを新しくしたいという方には一番おススメです。

乗換え方法も解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

【9/2まで!】IIJmioのキャンペーンは端末も月額料金も安い!

続きを見る

家族で合計4回線契約!IIJmioへのMNP乗換え(転入)方法を事前準備からわかりやすく解説。

続きを見る

楽天モバイルに入るなら楽天ひかりも入ろう +2倍

もし楽天モバイルに入るもしくは入っている人は楽天ひかりを検討してみましょう。

+2倍になりますし、なんといっても楽天モバイル契約者が楽天ひかりに入るとなんと楽天ひかりの月額利用料が半年無料になるキャンペーンを開催中です。

これがお得かどうかはさすがにわかりますよね?(笑)

楽天ひかりの神キャンペーンが復活した【半年間月額基本料無料】

続きを見る

ここまで紹介した全てのサービスを利用すれば+20倍です

個人的におすすめするのは常時+3.8倍と買い回り分(5と0の付く日)の+10倍の合計13.8倍

ここまで最大で20倍になるサービスを紹介してきましたが、さすがに全てのサービスは難しいという方もいらっしゃるのでここで個人的なおすすめサービスを紹介します。

・楽天会員&楽天カード

⇒+3倍

・楽天銀行で引き落とし設定

⇒+0.3倍

・楽天証券でポイント投資設定

⇒+0.5倍

・楽天マラソンor楽天スーパーセールで買い回り(5と0のつく日に買い物)

⇒+10倍

これで合計13.8倍を目指すことが可能です。

単純計算ですが1,000円の買い物をすれば138円還元されます。

各々ポイント獲得上限は設定されていますがまずはやってみることが大事です。

面白いくらいにポイント貯まりますよ(笑)

我が家は基本18倍、楽天ひかりのキャンペーン次第で20倍も視野に

みなさんには13.8倍をおススメしましたが、我が家はここに

楽天銀行で給与&賞与受け取り設定・・・+0.2倍

楽天モバイル契約・・・+4倍

で基本18倍を目指します。

【2024年3月7日追記】

しっかり楽天モバイル申し込みしました、おかげでSPUも3.8倍→7.8倍にアップしています。

※左が楽天モバイル契約前、右が契約後

そして機会があれば楽天ひかりも申し込みたいとは思っていますが、

これも過去に利用済みなので、

楽天モバイルと同じようなただいまキャンペーンみたいなものが実施されたら食い気味で申し込む予定です(笑)

もちろんさっきも言った通り

まだ楽天ひかりを利用したことなくて、楽天モバイルを契約している人は必ず楽天ひかり契約してください

※+20倍を目指せます✌

楽天ひかりのキャンペーンを確認する



楽天ポイントはほぼ現金と一緒だから馬鹿にならない

「結局ポイントなんて使えるところが限られているから使いづらい」

と思われる方もいるかもしれません。

確かに数年前まではそうでしたが、今は楽天ペイが使える店舗も増えてきているのでポイントの使い道に困ることはありません。

だってあの自動車税の支払いにまで使えるんですよ?(詳しくは下記事をご覧ください)

節約の基本!キャッシュレス決済はメリットだらけ【塵も積もれば山となる】

続きを見る

どうしても使えない人は楽天市場で生活必需品を買えばいいだけです。

つまり

楽天ポイント=ほぼ現金

と考えてもらっていいと思います。

最初に紹介した通り僕は累計140万ポイント貯めています。

つまり140万円もの現金を獲得したとも考えられる訳です。

軽自動車ならおつりがきます。

冷静に考えて140万ポイントを還元率1%で貯めようと思ったら、1億4千万使う必要があります。

まさか1億4千万もつかっていませんよ(笑)

一時期はポイント30倍が基本だったので、おそらく単純計算で400万~500万くらいは使ってますけどね。。。

ただ

それだけ楽天経済圏のSPUがお得

だということです。

もし楽天経済圏に入っていなかったらと思うとゾッとします。

今回は楽天経済圏について紹介しました。

もしまだ利用していない人がいたら今すぐ楽天カードをつくるところから始めましょう♪

今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

👇👇Xやってますので覗いてもらえると泣いて喜びます(笑)

👇おすすめ記事はこちら👇 

【目玉製品が目白押し!】スマホにタブレットに盛りだくさん!Xiaomi Japanが本気出してきたよ!

続きを見る

  • この記事を書いた人

しんすま

『これすごくない?』
を伝えたい人
【伝えたい情報💻】
・格安SIMの提案
・お得なスマホ、PC選び
・生成AIの活用方法
・おすすめアイテムの紹介
・楽天経済圏での過ごし方
(楽天ポイント累計140万)
※たまに愚痴も書く

-格安SIMとか, 賢く暮らそう